新型コロナウイルスに関する感染症について

国内外において発生した新型コロナウイルスの感染症でお亡くなりになった方々へ謹んで哀悼を捧げます。さらに罹患者の皆さまの一日も早い御平癒をお祈りします。本教では、社会での感染拡大の防止と教信徒の皆さま、およびご家族の安全に鑑み、3月18日から20日の春季報元大祭行事に地方教会からの参拝の自粛を決定いたしました。ここに、医療関係者のご尽力に感謝し、身体安穏と感染拡大の鎮静化に向けて皆様と祈りを共に致したく存じます。
令和2年2年18日 神道扶桑教大教庁

初月次祭福徳歳開祭を斎行しました

1月12日冨士山太祠にて初月次祭福徳歳開祭を斎行しました。
管長台下より一人一人に福鈴金幣が授けられ大神様の福徳を賜りました。
直会では女優の吉田美佳子さま、ときめきの冨士写真家のロッキー田中さま、元バチカン大使上野景文さま、世田谷区議会議員平塚けいじさま、はじめ大勢の皆様と共に恒例の福引も行われ愉快に盛り上がりました。

東日本御巡幸 天拝式を斎行しました

九月七日宮城県松島 大観荘において東日本御巡幸 天拝式を斎行しました。管長台下を斎主に武山孝行参元ほか、仙台発心教会の教導職が祭員を勤め斎行しました。参列者は正面に据えられた富士山一合目から頂上までのお砂を踏み天拝を受けました。また奉納演舞では瑞穂あけみさんによる民謡が奉納されました。瑞穂さんが主催する「瑞穂の会」は東日本大震災以降、県内各地の避難所で地元の方々の心に寄り添う民謡公演を重ねてこられています。本教は教導職者を中心とした社会貢献団体「このはな会」を通して、これまでも「瑞穂の会」の活動を応援してまいりました。そして、このたび「瑞穂の会」に支援金を寄託しました。翌8日には瑞巌寺へ参詣し、本堂にて東日本大震災犠牲者慰霊の祈りを捧げました。

参列者は管長台下より天拝を授かりました
参列者は管長台下より天拝を授かりました
挨拶される管長台下
挨拶される管長台下
「瑞穂の会」瑞穂あけみさんに支援金を寄託しました
「瑞穂の会」瑞穂あけみさんに支援金を寄託しました

御神實が御下山されました

8月26日 八合目天拝宮に遷御申し上げておりました御神實はご下山され北口本宮浅間神社を立ち寄り元祠に還御されました。元祠で還幸祭を斎行、7月16日から勤修された御山神事が無事修納できたこと、また大勢の登山者の富士山登山が叶ったことを大神様に感謝申し上げました。
また夕刻には元祠前に建てられた大松明に管長台下と宮内庁掌典 堤公長さまが点火し、全員で富士講の「おがみ」をあげました。吉田の火祭りの当日をもって富士山北口はお山納めとなりました。

Copyright © 神道 扶桑教. All rights reserved.