節分祭を斎行しました

2月2日太祠と全国教会において、節分祭を斎行しました。124年ぶりに2日が節分となりました。とくに本年は、教派神道連合会理事の黒住教教主 黒住宗道先生(人道援助宗教NGOネットワーク(RNN)事務局長)から22日 節分の日に、心ひとつにコロナ禍終息を祈る」呼びかけのご案内がありました。本教では、全国の教会長皆様の賛同を得て「節分祭・コロナ終息祈願」を全国教会一斉に斎行しました。 

 

人道援助宗教NGOネットワーク(RNN)は以下からご覧になれます。

 https://www.rnn.jp/

「節分祭・コロナ終息祈願」太祠本殿

初月次祭福徳歳開祭を斎行しました

1月12日冨士山太祠にて初月次祭福徳歳開祭を斎行しました。政府からの新型コロナ緊急事態宣言発生を受け、祭事奉仕の教導職および太祠関係者のみでの斎行といたしました。管長台下より参列者と全国教信徒さまに授与される神札に金幣神事が授けられ大神様の福徳を賜りました。

神賑行事として富士塚寄席を開席いたしました。少数での開席となり残念でしたが、三遊亭花金さん 桂小すみさん 雷門小助六師匠の熱演でコロナも吹き飛ばされたようでした。

新年挨拶

 新玉の年を迎えおめでとうございます。昨年中は新型コロナ感染防止のため、大祭をはじめ神祭事の縮小を余儀無くいたしました。冨士山も登山道が閉鎖となり八合目天拝宮も元祖室も開くことができない寂しい御山でした。
 そのような中でも皆様には、さまざまにお支えいただきお陰様で大神様へのご奉仕を勤めることが叶っています。心から心から感謝の御礼を申し上げます。
 いよいよ本年は御開祖藤原東覚角行さまの御生誕四百八十年を迎えます。この喜びの年を皆様と共にお祝いできることこそが有り難く存じています。
 さて、いまだコロナの脅威がおさまらないなか私達も「新しい日常」を模索しながらの毎日です。
 コロナといえども、インフルエンザですので、感染防止は日頃からのマスク・手洗い・うがいの衛生作業を徹底するのが必須でしょう。
 世の中では「コロナに打ち勝つ」と言っていますが、コロナとて地球上での物質(非生物?)です。国連も政府も「生物の多様性を守る」目標を立てている昨今ですが(私は万物の多様性と言い換えてます)コロナを敵視するだけが解決策なのでしょうか?疑問です。近代の人類はグローバルを旗印に経済繁栄を追い求め、それに阿諛迎合する政治は権力を濫用し矛盾を誤魔化し、その結果、紛争・搾取・貧困・環境汚染などさまざまな犠牲を生んできました。それらの犠牲に対して哀れみや思いやり、自然への感謝の気持ちすら忘れ、自己保身のみに奔り貪欲に足ることを忘れた「人類」となってしまいました。しかし、今ここに来て新人類?たちの価値観は大きく変化しています。
 今こそ百年前からの新世界秩序論が瓦解し人類が変わるターニングポイントです。
 ○民主主義(多数決論)、普通選挙制度の崩壊(アメリカ大統領選挙のブザマさ)
 ○5Gによる通信環境の劇的進化
 ○電子マネーによる国家貨幣への信用の変革
 ○脱炭素化に向けた再生可能エネルギーなどへの、エネルギー転換
などなど、大変革の時期到来です。
 コロナはこういう時代に人類に反省を促し、警告を与え、変革を後押しするために必然的に出現した憤怒明王ではないでしょうか。故に、私達はコロナの出現の真の意味を認知しなければならないと思います。
 私達は猛省し、犠牲(地球)に謝罪し、原因を分析し、その対策を実施しなければなりません。そしてそこには「天地平安・万人安福・他が為に祈るこの道」と真願を立てられた御開祖角行さまの御教えを遵奉し五大神勅を仰ぎ、明治帝より授かった三条教憲 「一、敬神愛国ノ旨ヲ体スベキコト 一、天理人道ヲ明ニスベキコト 一、皇上ヲ奉戴シ朝旨ヲ遵守セシムベキコト」と冨士道の三箇の掟「一、良き事をすれば良し、悪しき事をすれば悪し。ニ、稼げば富貴にして病無く命長し。三、怠ければ貧にして病あり命短し。」を日々実践するのみです。
 コロナにより死亡された方々に哀悼を捧げます。また治療中の患者さんのご回復を大神様にお祈りしています。
 百五十万人余の死者を出し、世界に恐怖を与えている憎きコロナですが、第二次世界大戦の六年間で八千万人余を殺戮した人間はもっと怖い生物です。私達は猛省しましょう。   

冨士道第十二世 神道扶桑教 管長 宍野史生

Copyright © 神道 扶桑教. All rights reserved.