緊急事態宣言解除後の方針について

教内関係者 各位


 皆様には、この度の新型コロナウイルス感染防止に対して真摯に取り組まれさまざまなご苦労があったことと拝察し、心より感謝申し上げます。
 本日5月25日、首都圏4都県(東京・埼玉・神奈川・千葉)と北海道の緊急事態宣言が解除され、全国的に全面解除となりました。しかし、まだ第二波の発生も懸念されている状況で、予断は許されません。引き続き感染防止へのご協力をよろしくお願い申し上げます。
 本部におきましては解除に伴い、下記のとおり神祭事斎行の再開を致したいと存じます。各教会・神事所においても、地域やご信徒様方と協議され、感染防止策を設けた上で神祭事斎行の再開をされますよう、お願い申し上げます。

① 6月3日御神火大祭は、8月31日に延期を想定しています(富士吉田市の状況を確認してから進めて行きます)。なお、6月3日当日は太祠より遥拝にて開山奉告を斎行します(ご参列・奉仕は遠慮いたします)。
御神火大祭ご祈願のお申込みは、8月31日まで延長しています。
② 太祠の神祭事ご参列・奉仕は、6月12日より再開いたします。なお、感染防止のため、来訪者様への手指の消毒や、着席の際にはソーシャルディスタンスを保つ等充分に配慮いたします。また、直会・茶菓接待には包装やペットボトル等での対応とさせていただきます。
③ 7月12日冨士塚まつりの開催は、関係者のみにて冨士講お焚き上げを斎行する予定です。
④ 御神實供奉冨士登拝修行は中止いたします。
⑤ 冨士山天拝宮は閉宮いたします。各教会・講社のご祈祷は本部までお問合せ下さい。
⑥ 吉田の火祭り(富士吉田市)は中止が決定していますが、冨士山元祠での閉山祭は、関係者のみで斎行の予定です。
⑦ 御神實ご巡幸(南関東教区)は、来年に延期いたします。
⑧ 秋季報元大祭は、例年通り斎行の予定です。

以上

※ 上記は5月25日現在での当面の対応です。
これ以降は、状況を見ながら変更も有り得ることをご承知おき下さい。

令和2年5月25日
神道扶桑教

Copyright © 神道 扶桑教. All rights reserved.